在宅勤務環境を整備してみた(その2:Body Make Seat “Style”)

在宅勤務

実は 第1弾として書いた BoYataノートPCスタンド より前に購入していたんですが…
ブログ記事としての第2弾は ボディメイクシート をご紹介します。

「え!?なにそれ?」と思った方。そう思いますよね。
私も最初はそうでしたからw

これは自分で見つけた訳ではなく妻から教えてもらいました。
ローテーブルで仕事してて背中や腰の痛みに悩まされているのは常々妻には話していましたので「こんなのあるみたいよ」という形で。

後で形状は見ていただきますが、座椅子のようだけどそうでもないし…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボディメイクシート “Style”とは

そもそも「ボディメイクシート」って何よ、という件ですが…実は 公式サイト にも「一言で言うと」的な語句が書いていないのですが、検索して見つけた中では

姿勢矯正チェア

という表現が一番的確ではないかと思います。

公式の動画もありますので参考にどうぞ。

Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)

なお、”Style”というのが製品名でして、ラインアップの中では一番低価格な製品のようです。

使用感

残念ながらローテーブルとの組み合わせで「座椅子」として使った場合は、背中や腰の痛みの解消には繋がりませんでした。

その後、後日紹介するPCデスクを購入し、椅子にセットして使っていますがいい感じで使えています。

良い点

・自分が使っている椅子の座面が硬いため、ちょうどよいクッションになっている
 (ただし、座面が柔らかい椅子やソファーなどで使う場合は逆の感想になるかも)

・ノートPCで在宅勤務している方はPCスタンドとの併用が効果的だと思います。ちょうどこれとほぼ同時にPCスタンド使い始めたのですがそれ以来腰痛は解消しています。

残念な点

・座椅子としては不向き

・今の暑い時期はとにかく蒸れる(エアコン無しの部屋で使ってますw)。
 丸洗いできないのでファブリーズしてたんですが、取説によると消臭スプレーはNGだそうで…。

・お腹周りがポニョポニョしている方は上端がちょうど当たるので若干気になるかも。
(かく言う私がそうだったんですがw。ただ時間が経つとそんなに気にならなくなりました。)

・「腰部ヘルニアや坐骨神経痛など腰や背中に疾患のある方」や「痔などの疾患のある方」などいくつか条件がある。公式サイトには明示的に書かれていないので要注意。

最後に

自分で買われる方は公式サイトに取説のリンクがありますのでその内容(特に最初の注意事項)をしっかり読んでからご購入ください。

また、私のように家族に勧められたり、プレゼントされたりした方はしっかり取説を読んでから使いましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました