ポインティングスティック付キーボード Quattro TKLが調子悪くなったので分解してみたら治っちゃった

問題解決

Thinkpadのトラックポイントが好きだったワタクシが「ポインティングスティック付きキーボード」を購入したことを
在宅勤務環境を整備してみた(その5:ポインティングスティック付キーボード Quattro TKL)
でご報告しましたが、なんと2ヶ月弱でポインティングスティックが不調になりまして…。

ダメもとで分解してみたら特に悪いところは無かったのですが、軽く掃除してから元の状態に戻した所なぜか治ってしまったので、念の為記録に残しておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不調の内容

さて、どんな風に不調になったかと言うと…

ポインティングスティックでカーソルを右に動かせない

という現象でした。
正確に書くと全く動かせない訳ではなく「動かすのにめっちゃ労力が要る」という状況だったのですけどね。

ポインティングスティック周辺

カーソルを上下と左に移動する時は全く問題ないのですが、なぜか右側に移動する時だけ動きが鈍い!
他に比べて少しだけ…とかならまだ騙し騙し使えるのですがそれすら無理なぐらいとにかく鈍い。
指でずーっと右側に力を入れてるのにゆっくりとしか動かないのです。

販売元公式サイトのFAQを確認

まずは販売元であるアーキサイトFAQを確認してみました。
が、オートムービングについての記載はありましたが、今回の現象についての記載はありませんでした。
まあ、まだ発売して間もないですしねぇ。

さぁ、どうする?

キーボードそのものの機能が損なわれている訳ではないし、ポインティングスティックの機能はマウスで代替できるし、そもそも「買ってみた」の投稿でも書いたように「ポインティングスティックとマウスを併用」してるのでこのままでもあまり問題は無いのです。
でも、せっかくポインティングスティック付きのを買ったのでただのキーボードと化してしまうのはもったいない!

ちなみに、原因として思い当たることがない訳でもなく…(笑)
仕事中に煎餅食べた時にうっかりカスをぶちまいてしまってから不調になったような気もしないでもないので…(ただ、その直後から不調になった訳ではないのですけどね)

とりあえずポインティングスティックのカバーと周辺のキートップを外してみたのですが…

パッと見は異常なし。
というかやっぱこの裏見てみないとワカラン!
てな訳で「分解」に踏み切りました!!

いざ、分解!

まず、ネジは3ヶ所です。

ネジはピンクの矢印の3ヶ所

チルトスタンドの裏の2ヶ所と中央の「DO NOT REMOVE」と書かれている白いシールの箇所。
下の方の滑り止めゴムの下にもあるかな?と思って片方外してみましたがありませんでした。
中央の白いシールはさすがに一瞬剥がすのためらいましたが、思い切って剥がしちゃいましたw

ネジを外したら周りのツメをマイナスドライバーなどで外して上部外装側と(キーと基板を含む)底面側に分離します。
底面側は基板と底面と2層になっていてコネクタ(上の黄色い丸)とフレキケーブル(下のピンクの丸)で接続されていますのでそれらを外します。

底面側(左側にあるのがポインティングスティック)
基板側

フレキケーブルは黒い部分を写真内の矢印の方向にスライドさせるとロックが外れます。
基板の底面側にポインティングスティックが実装されています。

ワタクシの予想ではこのポインティングスティックの部分にゴミが挟まっているのではないかと思ったのですが…そんな様子はなさそうです。と言うかもしゴミがあったとしても分解時に動いてしまってると思いますがw

ポインティングスティックの基板の裏も怪しいかな?と思ったのですが、基板上部の2ヶ所でモールドが熱溶着されているので外せない!基板下部の3ヶ所のネジを外せばなんとか基板裏側を覗けましたがが特に何もなく…。

結局、怪しいところは無かったので少し掃除(ポインティングスティック以外の箇所には煎餅のカスありましたw)してから元の状態に組み上げました。

しかし、こういう作業する時は老眼がキツいお年頃になってしまいました。
特にフレキケーブルは「外すのはヨイヨイ挿すのはコワイ」って感じでロックかけるのが苦労しました…。

分解した結果…

あら不思議!
ポインティングスティックの不調は嘘のように治ってしまいました!!
分解して組み直しただけなのに…(笑)

まぁ結局はやっぱりゴミとかが挟まっていたのではないかと推測します。
分解作業でそれが取れちゃっただけではないかと。
ただ、あの隙間から入るゴミなのでかなり小さいヤツだとは思いますが。

最後に

ということでポインティングスティック付きキーボード「Quattro TKL」を分解した件をお届けしました。
「DO NOT REMOVE」というシールを剥がさないと分解できませんが、剥がすと当然メーカー保証はなくなりますのでもし実行される場合は自己責任でお願いします。

皆さんもPC作業中に煎餅食べる時は充分気をつけましょうね!w

コメント

タイトルとURLをコピーしました