在宅勤務環境を整備してみた(その3:PCデスク)

在宅勤務

「在宅勤務環境を整備してみた」シリーズですが、その1は「ノートPCスタンド」、その2が「姿勢矯正チェア(座椅子っぽいモノ)」と、とりあえずローテーブルでも仕事できるようなアイテムを購入しました。

が!

やっぱり背中や腰の痛みはなかなか解消しないため、ローテーブル生活とはお別れすることにしました。

と言うかなぜそこまでローテーブルにこだわっていたかと言うと単にPCデスクを置くスペースをあけるのが面倒だったからなんですけどね。さすがにもう観念しました(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

条件

さて、部屋の片付けをしつつ、PCデスクの選定をした訳ですが、片付けられたとしても幅100cmを超えるモノは置けないということが判明。

奥行

この後、外付けキーボードを購入する予定ではあるものの、キーボードはPCスタンドの下に置けるのでそこまで奥行きは気にしなくていいかなぁということで50cmもあれば充分かと。

候補

候補1:木製PCデスク収納付き(SY-PDK80)

まず1つ目の候補は収納付きタイプです。「デスク」というよりは「テーブル」っぽいですが。

幅80cm、奥行48cmなので奥行が若干不足ですがまぁ誤差範囲かな、と。
脚元に収納があるのは便利なのですが、逆に邪魔になりそうな気もします。

候補2:ニトリ 組み合わせ自在フリーデスク “プレフェ”

候補2つ目はニトリの組み合わせ自在タイプの商品「プレフェ」です。
天板と脚がそれぞれ部品化されており、様々なパターンで組み合わせができます。


デスクプレフェセット(天板118WH/ワイヤーレッグ69WH) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】

↑はニトリのサイトでセットとして販売されているタイプですが、天板の幅を100cmにして、脚を一番ベーシックなタイプにすると税別で5,000円を切るのでなかなかリーズナブルです。

いちおうニトリの実店舗に行って現物をチェックしたのですが、天板の質感は全く問題ない感触ですね。
しかし、既製品として販売しているモノはほとんど全て売り切れで早くても1ヶ月待ちという状況だったのには驚きましたが…(笑)。

候補3:山善 折りたたみデスク

そして3番目の候補は山善の折りたたみデスクです。こちらも候補1同様にデスクというよりはテーブルですね。

こちらはとにかく折りたためることがポイントです。
ただ、幅80cmは問題ないのですが、奥行40cmはちょっと心もとないかなぁ…。

候補3「山善 折りたたみテーブル」に決定

奥行40cmが若干不安でしたが、折りたたみできることを最優先に決定しました。

実は前の家でもPCデスク使っていたのですが、今の家に引っ越すにあたって置き場がないので処分してしまったのです。今でももったいなかったなぁ…と後悔しています。
もし折りたたみなら、今後PCデスクアップグレードして要らなくなった場合でも置き場所に困らないでしょうし。

使ってみた感想

どこかのレビューでは「天板に傷が付いてた」というのがあったのでまずそこが最大の不安でしたがそんなこともなく一安心。

折りたたみ式なので自分で組み上げる必要はなく、カチャカチャと開いてテーブルの形にするだけ。あっという間です。
(他の候補2つだと組み上げる手間があったのでこうは行かなかったでしょうね)

ガタツキがある場合に備えてアジャスターが付いていますが、今のところ出番はナシ。
しっかり安定しています。

不安だった奥行ですが…特に問題は無いですね。

あとは今後折りたたむ機会ができた時にきちんと折りたためることを祈るばかり(笑)

サイズ感などはこちらの動画も参考にどうぞ。

山善の折りたたみパタパタデスクを3ヶ月使った感想【一人暮らしに最適】

最後に

ノートPCスタンド+姿勢矯正チェア+PCデスクの環境にしてから、それまでローテーブル環境でさんざん悩まされていた背中と腰の痛みがウソのように無くなりました。

仕事中の姿勢ってホント大切ね、と痛感するとともに、会社のデスク環境ってかなり恵まれていたのだなぁと改めて思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました